くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月16日 09:59
ve8m2423.jpg
昨晩は、たくさんのキノコと英語で話す夢を見ました。ので、色や形が奇妙なキノコをご紹介するとします。

1. シャグマアミガサタケ

1a97309_g195_4-brain.jpg
脳みそみたいなきのこ。フィンランドでは食用きのことして売られていますが、実は猛毒があり、正しい調理法を知らずに食べると、とんでもないことになります。

2. Hydnellum peckii

2a97309_g195_3-bleeding.jpg
あまりに印象的な見た目から、「出血している歯のきのこ」「苺クリーム」「悪魔の歯」などとよばれているきのこ。毒はありませんが、恐ろしく苦いので食用には適しません。

800px-Hydnellum_peckii_01.jpg
成熟すると茶色っぽくなり、見た目も普通のきのこになります。

3. セイヨウオニフスベ

3a97309_g195_8-puffball.jpg
英語圏でジャイアント・パフ・ボールと呼ばれる柄のないキノコ。ときどき、150cmを超える大きさのものが見つかり、その重さは20kgを超えるのだとか。成熟する前のみ食用に適しているとされています。

4. キリノミタケ

4a97309_g195_1-devil-cigar.jpg
悪魔の葉巻などというシャレた名前で呼ばれ、日本とアメリカのテキサスでしか発見されていないというとても珍しいキノコ。地上に出てから成熟するまでは葉巻のような形をしていますが、成熟すると星型に開き、ピュッという笛のような音とともに胞子を放出します。

Chorioacti2.jpg
成熟前の写真。

5. カワラタケ

5a97309_g195_7-turkey.jpg
日本を含む世界のあらゆる地域で発見されているカワラタケ。その見た目から、英語圏では『Turkey Tail』(七面鳥の尻尾)と呼ばれることもあります。
肉質が非常に固く食用に適さないので、一般的にはお茶のように煮出して飲まれます。

6.青キノコ(Entoloma hochstetteri)

6a97309_g195_2-blue-mushroom.jpg
まさしくすみきった青空のようなキノコ。食用ではないとされていますが、毒があるかどうかもわかりません。和名も分かりません。

7. ヤマブシタケ

800px-Igelstachelbart_Nov_06.jpg
英語圏では、ライオンのたてがみキノコ、アゴヒゲハタケ、ハリネズミタケ、アゴヒゲハリネズミタケ、ポンポンタケ、アゴヒゲハタケ菌などと呼ばれているモップのようなキノコ。食用。

8. キツネノロウソク

8a97309_g195_6-dog-stinkhorn.jpg
しばしば、おちん〇んに似ていると揶揄(やゆ)される細長いキノコ。嗅ぐと、ネコのう〇このような臭いがするらしい。

9. ヤコウタケ

9a97309_g195_9-luminoscent.jpg
おもちゃではない、繰り返す、これはおもちゃではない。なんとヤコウタケは光るキノコです。

10. Clathrus archeri

800px-Clathrus_archeri.jpg
奇妙なキノコ。成熟すると、腐った肉のような臭いを発するそうです。

11. アカイカタケ

613px-Aseroe_rubra_Bomaderry_email.jpg
う〇このような臭いでおびき寄せたハエを使い、胞子を拡散させる賢いキノコ。見た目からして臭そう。

12. 霊芝

reishi_1.jpg
霊芝(れいし)は古来より、日本や中国で、あらゆる病に改善をもたらす貴重な万能薬と信じられてきたキノコです。その歴史は、2000年前の中国医学の本にも登場しているほど。

同じく日本と中国で、霊芝の効果を裏づける研究が盛んに行われており、実際、その傾向が見られているそうです。

Source:oddeeほか


同じカテゴリの最新記事

カレンダー
07月 | 08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。