くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月20日 23:59
p.jpg
美しい花なのに毒を持っている植物7つです。常々思いますが、何でもかんでも見た目で判断するのは危険なことですね。

7. ジンチョウゲ

1_20101020123456.jpg
ジンチョウゲは中国原産の花。あらゆる部分に毒が含まれており、特に果実は大量に摂取すると死に至ることもあるそうです。

6. スズラン

2_20101020123456.jpg
スズランは見た目が可愛らしいので、人畜無害だろうという印象を受けます。しかし、どの部分にも毒が含まれており、摂取すると嘔吐やけいれんを引き起こしたり、血圧を低下させ時に心不全を引き起こしたりします。

5. べラドンナ

3_20101020123456.jpg
西半球で最多の有毒植物として知られているべラドンナは、やはり全部分に毒が含まれており特に、実は猛毒。摂取すると死ぬこともあります。

4. キダチチョウセンアサガオ

4_20101020123455.jpg
天使のトランペットの異名をとる美しい花ですが、名前と見た目にだまされてはダメです。摂取すると激しい幻覚を引き起こす毒草として有名で、稀に死にます。

3. シャクナゲ

5_20101020123455.jpg
春だなぁと感じたらそこにシャクナゲが咲いているかも。摂取すると嘔吐などを引き起こす毒草です。

2. キョウチクトウ

6_20101020123455.jpg
なかなか枯れない園芸植物として知られているキョウチクトウですが、全部分に毒があります。しばしば、自殺に用いられることがあるそうです。

1. イヌサフラン

7_20101020123508.jpg
よく聞くサフランは、昔から香辛料や薬として全世界で使用されてきましたが、このイヌサフランは全く別の植物で、人を死に至らしめることもある毒草です。
見た目はバッチグーですが、毒素が体内に入ると低血圧症や呼吸困難を引き起こすことがあります。

Source:strano66


同じカテゴリの最新記事

カレンダー
05月 | 06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。