くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月08日 07:00
mario_mushroom.jpg
機械も間違った使い方をしていればすぐに壊れるように、人間も間違った習慣をしていればたちまち病気になってしまいます。

1. 運動のしすぎ

Cheetah.jpg
運動のしすぎは単に疲れさせたり体を痛めることだけでなく、活性酸素を多く発生させ、筋肉の成長の妨げになってしまいます。

近年では、少し息があがる程度の運動が一番効果的であることが分かっています。また、運動後にハチミツを摂取することで、活性酸素によるダメージを抑えることができると確認されています。

2.太陽に当たらない

dvv.jpg
ビタミンDは日光を浴びることによって多く生成されます。ビタミンDは体に不可欠な栄養素で、免疫力を高める効果があります。

太陽の光は皮膚を傷めることがありますが、過度に避ける必要があるほど皮膚は弱くありません。ただし、顔への紫外線対策はしておいた方が良いです。

3.抗菌せっけんを使用しすぎる

highspeed_action_17.jpg
抗菌せっけんは、細菌やウイルスから保護するのに有用な製品でありますが、使いすぎはかえって体の抗体を弱めることになります。

4.睡眠不足、過剰睡眠

sleep-optimized.jpg
人間は平均的に一日8時間の睡眠をとっています。睡眠が不足している、あるいは寝すぎている場合、ヤル気をうながす成分が減少することが、最近の研究で明らかとなっています。また、うつの傾向がある人は睡眠時間が不規則になりがちということも分かっています。

寝不足だ~と言う人をたまに見かけますが、それは急に睡眠時間が短くしたことで体が順応できなかった、というだけの話ですので、短時間睡眠をする場合は徐々に短くしていきましょう。

5.冷房の効く場所に長時間いる

air-conditioner.jpg
近年、夏でも冷え性にかかる人が現れています。これは他でもなく冷房が原因となっていますので、寒いと感じたと場合は、冷房の温度を上げたり、服を着たりして対策しましょう。

また、掃除をしていないエアコンには、大量のバクテリアやカビが発生します。夏に備えて、フィルターは清潔にしておきたいものです。

6.無農薬野菜・有機野菜の摂りすぎ

ep.jpg
近年、無農薬野菜や有機野菜には、発ガン物質が多く含まれていたり、土壌に潜む寄生虫などが多く存在するといわれていて決して安全とはいえません。これらの野菜を食べるときはしっかりと水洗いをすることが大切です。

Source:
strano66: 6 Kebiasaan Sehat yang Bikin Sakit ほか

同じカテゴリの最新記事

カレンダー
08月 | 09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。