くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月15日 12:57
Natitas-festival-01_20100415123130.jpg
ボリビアでは毎年11月8日『Dia de los Natitas』(頭蓋骨の日)という、頭蓋骨(ずがいこつ)を花で飾り、たばこをくわえさせたりコカの葉を捧げたりする儀式が行われます。

この儀式は、古代から続くもので様々な不運を退けることができると考えられています。また頭蓋骨は墓地から掘り起こされたものがほとんどで、盗掘されたものもあるそうです。

Natitas-festival-02.jpg
アジサイやバラで頭蓋骨を花飾り。

Natitas-festival-03.jpg
ボリビア人の中には、『人間には7つの魂が宿っていて、死んで埋められた後の頭蓋骨には一つの魂が残っている』と考えもあります。

Natitas-festival-04.jpg
ですが、きちんと華やかに頭蓋骨を飾り付けないと、不運からは守ってもらえません。

Natitas-festival-05.jpg

Natitas-festival-06.jpg

Natitas-festival-07.jpg

Natitas-festival-08.jpg

Natitas-festival-09.jpg
このように、ニット帽をかぶせて、タバコを吸わせます。

Natitas-festival-10.jpg
飾りつけた木製の箱あるいはダンボール箱に入れて頭蓋骨を運ぶ女性たち。丁寧に装飾されたガラスケースも存在を引き立てるため。

Source:Oddity Central


同じカテゴリの最新記事

カレンダー
06月 | 07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。