くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月14日 20:30
8_20100414202103.jpg
朝食に卵を食べることは、その日の摂取カロリーを18%くらい削減できるとコネティカット大学の教授が栄養学ジャーナルに発表しました。

研究で、21人の方が別々の日に2種類の朝食を食べました。1つ目は、3つの卵を使ったいりたまごと1.5枚のトーストというタンパク質豊富な朝食。2つ目は、ベーグルをベースに大さじ2分の1の低脂肪クリームチーズと、170gの低脂肪ヨーグルトという炭水化物が豊富な朝食でした。(2つの朝食は同じカロリー量)

結果、卵朝食の時の一日の摂取カロリー量は、ベーグル朝食の時よりも400kcalほど少なかったそうです。

また、2つの朝食後に血液検査をしてみると、血中の「満腹になったよ」と脳に知らせるホルモンの割合も、卵朝食の方が多かったそうです。つまり、


タンパク質食品は胃を満腹に感じさせるため、朝に食べると一日の摂取カロリーを減らせるとのことです。

Source:telegraph

カレンダー
03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。