くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月13日 23:59
muhammad-torik.jpg
インドネシアジャワ島西部スラムットの近くにあるラワサリ村に、水頭症という病気に苦しむ赤ちゃんがいます。

水頭症(すいとうしょう)とは、何らかの原因で脳脊髄液(のうせきずいえき)が頭の中に貯まり、脳を圧迫することによって様々な症状を引き起こす病気のことです。ムハンマドと名づけられた赤ちゃんは、その病気で頭が肥大化しています。

以下に詳細。

100208chidrosipalus.jpg
ムハンマドが生まれて1か月半のとき、地元の病院での治療を勧められましたが、家族は自宅療養を決めました。

なぜなら、家族には治療費どころか一家全員が満足に食べていけるだけのお金が無かったからです。

病気を知った地元の方々の支援の手により、いくばくかの寄付金が集まりましたが、それでも治療費は足りませんでした。


muhammad-torik2.jpg
生後2か月。支援者の手により、ジャカルタにあるRSCM病院の脳神経外科で診察を受けることとなったムハンマド。

診察の結果は、脳脊髄液の循環障害つまり水頭症とのことでした。(ここで初めて病名が告げられる)

脳内の髄液というのは常に循環し続けます。しかしムハンマドの場合、髄液の流れが頭蓋内の一部で滞っており、正常に循環できなくなったことで頭蓋内の圧力を上昇させ、頭を巨大化させたとのこと。


muhammad-torik3.jpg
RSCM病院にて診察を受けましたが、医者により入院が必要だと認められませんでした。

なので数日後に再び病院を訪れ、CTスキャンを受ける予定です。


muhammad-torik4.jpg
また、ジャカルタから自宅へ帰るためのお金を持っていなかったため、両親はジャカルタ市内にある寺院の壁によりそって一泊する予定です。

RSCM病院では通常、ジャカルタ外から来た患者に対して寝床を用意していますが、この日は空きがなかったようです。




この動画は生後1か月半のとき。ミルクを飲むことや食べることも厳しいそうです。

Source:

同じカテゴリの最新記事

カレンダー
03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。