くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月02日 20:00
ab_20100402170932.jpg
普段食べている食材も、世界からみればヘンテコであったりゲテモノであったりする事もあります。そう見えてしまう理由は、各国各地域食べられている食材が違うということ。

これまで、ゲテモノ料理について何回か取り上げていますが、またまたご紹介します。(お食事中の方はゴメンなさい)

1. クモ - 東南アジア

a307_f1.jpg
カンボジアやタイなど主に東南アジアの国々で食べられています。

2. 生のニシン - オランダ

a307_f2.jpg
日本では、生魚を刺身などにして食べるのが一般的ですが、オランダではそのままの状態で食べる地域があるようです。

3. カメムシ - インドネシア

a307_f3.jpg
ニューギニア島の左側、イリアンジャヤで食べられているカメムシ。お口が臭くならないかが心配。

4. まぐろの目 - 日本

a307_f4.jpg
日本で、まぐろの目を食べられる地域はたくさんありますが、私(管理人)は食べたことないです。世界のヘンテコ料理の常連でもあります。

5. コオロギ・さそり・カイコなどの串焼き - 中国

a307_f5.jpg
見た目がグロいものほど食べたらうまい、なんていいますが、見た目という料理の第一審査の突破は、かなり重要なものだと改めて実感しました。

6. カブトガニ - 中国

a307_f6.jpg
生きた化石と呼ばれるカブトガニですら、中国・タイなどでは食材と変化します。

7. 生ダコ - 東アジア

a307_f7.jpg
世界から見るとタコはヘンテコ料理の一つのようです。近所のスーパーでタコわさびという食品をよく購入するのですが、これがけっこう美味しくて、ご飯によく合います。

8. 油で揚げたコウロギ - 中国

a307_f8.jpg
お腹がすいているのか、不覚にも少しだけ美味しそうに見えてしまいました。

9. 発酵させた大豆 - 主にアジア

a307_f9.jpg
発酵させた大豆の食品といえば、日本では納豆が最も有名です。やはり世界から見るとヘンテコ料理のやや常連に食い込んでしまいます。

10. 孵化をはじめたアヒルの卵 - 東南アジア

a307_f10.jpg
ベトナムやカンボジアの路上で売られているのを、たまに見かけることができます。

11. ツバメの巣のスープ - 中国

a307_f11.jpg
中国料理では高級食材に数えられるツバメの巣。
確かどこかにツバメの巣を採取するスポットがあり、採取するのに数十メートルの高さの洞窟を一本のロープで登るのだとか。それゆえ、巣を取ることを生業にしている人は仕事中の転落死が多いそうです。

12. タラの精巣 - アジア

a307_f12.jpg
いわゆる白子。日本料理は独特なのか、ヘンテコ料理に数えられる料理が多いです。

13. モパネワーム - ボツワナ

a307_f13.jpg
モパネワームはアフリカの南部で、一般的な食材かつ人気のタンパク源。見た目はさておき、これがアフリカ人の超人的な体力の源かもしれません。

14. 焼いたバッタ - メキシコ

a307_f14.jpg
バッタは、数ある昆虫料理の中でも美味しい方に入るそうです。食感はサクサク。

15. 乾いたトカゲ - アジアなど

a307_f15.jpg
乾いて水分の無くなったトカゲ。この後、スープにされて食されます。

Source:coret@net


同じカテゴリの最新記事

カレンダー
05月 | 06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。