くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月30日 23:23
red_apple332.jpg
1日当たり一つのりんごを食べることは、結腸直腸がんのリスクを減らし、結腸直腸がん患者の死亡率も低下させることが、ポーランドの新しい研究で示唆されました。

一日一個のりんごで医者はいらないというように、昔から健康に良いとされているものは科学的にも良いものが多いので、年寄りの言う事は聞くものじゃな。

研究は、その病気をもつ592人の患者と同じ病院の765人の患者 (別の病気) を比較したもので、一日一個のりんごを食べる人の死亡リスクはおよそ35%低下し、一日一個以上のりんごを食べる人のリスクはおよそ半分になりました。

◆フラボノイド

他の果物や野菜を食べてもガンのリスク低下に効果は無しでした。その理由は、りんごに多く含まれるフラボノイドが大きく関係していると考えられます。

フラボノイドとは植物に含まれる抗酸化物質のことで、老化防止効果やガン・心臓病・脳卒中 (三大成人病)のリスク低下などに大きな効果があるとされています。ここで気を付けておきたいことが一つ…、

フラボノイドは果肉より皮に5倍以上含まれているため、りんごの皮を剥いてはいけません。綺麗に洗って皮ごと食べましょう。

Source:Mail Online





昔、りんごの皮むきが下手だとバカにされたことがあるのですが、次にバカにされたとき、りんごの皮にはガンを防ぐ栄養がたくさん含まれているから、剥いちゃ駄目なんだよと厚かましい理由を述べてみようかな。

同じカテゴリの最新記事

カレンダー
10月 | 11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。