くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月26日 23:07
white_wine.jpg
白ワインが赤ワインよりも、歯に多くのダメージを与えることが研究で分かりました。

これは、白ワインが歯を保護しているエナメル質を溶かすからだそうで、長期間飲み続けると冷たいものなどに過敏に反応する弱い歯が出来てしまうとのこと。赤ワインで歯を汚れることはよく知られていますが、白ワインのことはそれほど有名ではありませんね。

ドイツのヨハネス・グーテンベルク大学の研究チームは、40~65歳の男女の抜かれた歯のエナメル質の変化を、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン産の8つの種類の赤と白のワインに24時間つけて観察。

すると、白ワインに漬けられた歯は赤ワインに漬けられた歯よりも、著しくエナメル質を溶かすことが判明。また、白ワインを飲んだ後に歯を磨くことによって、よりたくさんのエナメル質が落とされるそうです。

過去の研究では、炭酸飲料やレモン、オレンジ、グレープフルーツのジュースが歯のエナメル質を落とすことがわかっています。

ですが、研究者はカルシウムを多く含む食品がそれを防ぐかもしれないと発表。「チーズは高濃度のカルシウムを含んでいるので、歯の侵食を防ぐことに大きな効果があるかもしれません。」


white_wine_and_cheese.jpg
科学者がオススメする組み合わせ、チーズと白ワイン。


今年の初めに、白ワインが歯を汚すことが明らかになったばかり。ドイツの酒飲みたちの反応を見ながら研究は続けられるそうです。

このように白ワインと赤ワインは歯にとって悲惨な結果ですが、白赤ワインの健康効果は世間が知るとおり。悪いところもあれば良いところもある、ということですね。





ソース:Dailymail

同じカテゴリの最新記事

カレンダー
06月 | 07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。