くぁせふじこ

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月25日 01:15
id4p3r5z.jpg
自宅の庭で遊んでいたよちよち歩きの2歳女児『ティエンティエン』の背中に、突然飛んできた弓矢の矢が直撃するという出来事がありました。

矢を放ったのは隣人のチェン。この人は野良猫を追い払おうと、自宅寝室の窓から大弓で矢を放ったそうです。

Austrian times
現場に居合わせた祖母は「ティエンティエンは突然叫び声を上げたので様子を見てみると、矢が刺さっていて私は気絶しそうになりました。」と話しています。

医者は「矢は取り除きましたが、思ったより傷は深く、矢が脊髄 (せきずい) を損傷させていないかもう少し待って確かめる必要がある。」といいます。

また、隣人チェン(53)は傷害の罪で懲役最大7年の可能性があるそうです。

小さな身体にあんな大きな矢が刺さって生きていることは、間違いなく奇跡に近いだと思います。これは不幸中の幸いといいますか、なんの傷害も残らないことを祈るばかりです。

同じカテゴリの最新記事

カレンダー
09月 | 10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2位
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。